国家公務員に夏のボーナス=9.2%減

0 Comments
だるみ
国家公務員に夏のボーナス=9.2%減、平均51万3000円

時事通信 6月29日(金)11時18分配信



 国家公務員に29日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く行政職職員(平均35.8歳)の平均支給額は前年夏比約5万1800円減(9.2%減)の約51万3000円となった。首相への支給額は約327万円。本来は478万円だが、国家公務員の給与を削減する臨時特例法に基づき減額された。
 特別職の最高額は、衆・参両院議長の約384万円。支給額はこのほか、最高裁長官が約325万円、国務大臣が約271万円、事務次官が約236万円、国会議員が約229万円。 
関連記事
だるみ
Posted byだるみ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply