沖縄本島で500年周期の大津波 M8級、発生切迫の恐れ

0 Comments
だるみ
沖縄本島で500年周期の大津波 M8級、発生切迫の恐れ

沖縄本島の南東沖でマグニチュード(M)8・5の巨大地震が最短約500年間隔で発生し、沿岸が最大20メートル以上の大津波に襲われていた可能性のあることが大阪市立大と琉球大などの調査で24日、分かった。

西諸島海溝で起きるプレート(岩板)境界型地震とみられ、次の発生が切迫している恐れがあり、詳細な調査が必要だとしている。

調査チームは平成22年、沖縄本島北部西海岸の塩屋湾と羽地内海の海底で、深さ3メートルまでの堆積物を採取。分析した結果、津波で運ばれたとみられるサンゴや貝の破片を含む2~3層の堆積層を発見した。

放射性炭素で年代測定したところ、堆積層は500~600年前、1100~1400年前、1900~2100年前と判明。台風や高潮が原因ならもっと頻繁に堆積するほか、いずれの湾も波が入りにくいことから、500~千年間隔で大津波が押し寄せたとみられ、次の発生時期が迫っている恐れがある。



関連記事
だるみ
Posted byだるみ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック