東電の清水社長が入院 高血圧とめまい

0 Comments
だるみ
東電の清水社長が入院 高血圧とめまい




産経新聞 3月30日(水)12時33分配信

東京電力は30日、清水正孝社長が入院したと発表した。東電によると、入院したのは29日夜で、高血圧と極度のめまいが原因という。福島第1原子力発電所に収束の見通しが立たない中で、トップが入院するという異例の事態となる。 清水社長は16~21日の5日間、心労による体調不良で、東電内に設置された原子力緊急時対策本部を外していた。清水社長は東電の対策本部の本部長で、政府と東電で立ち上げた福島原発事故対策統合本部の副本部長を務めているが、13日の記者会見を最後に、公の場に姿を現していなかった。




体調のことなので仕方ないのでしょうね。
うーん、でも何だかなぁ…。

一番疲れているのは現場で戦っている人たちだと思います。

関連記事
だるみ
Posted byだるみ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply