アエラ表紙に抗議、野田秀樹氏が連載降板

0 Comments
だるみ
アエラ表紙に抗議、野田秀樹氏が連載降板


images.jpg



アエラ表紙に抗議、野田秀樹氏が連載降板
読売新聞 3月28日(月)18時6分配信
福島第一原子力発電所の事故を扱った朝日新聞出版発行の週刊誌「アエラ」3月28日号が、風評被害を広げると批判された問題で、同誌に随筆を連載してきた劇作家・演出家の野田秀樹さん(55)は、28日発売の4月4日号で連載を自ら降りることを明らかにした。
 野田さんは、「ひつまぶし」と題した随筆の中で、「アエラ」28日号が表紙に「放射能がくる」と見出しを付けたことなどを疑問視し、「刺激的なコピーを表紙に使い人々を煽(あお)る雑誌だったとは気がつかないでいた」、「このアエラの『現実』に対する姿勢への不安が消えません」などと降板の背景を説明している。
 朝日新聞出版は野田さんの指摘について、「(表紙に)恐怖心を煽る意図はなく、原発事故の深刻さを伝える意図で掲載しました」としている。



このマスコミは自分の業績・売上があがればいいと思ったのでしょうか?

こういう愚劣な雑誌に惑わされずに、国民は正確な情報に基づいて行動したいものです。


日本を信じよう
coverpage948198.jpg
関連記事
だるみ
Posted byだるみ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply