FC2ブログ

須田町交差点

須田町交差点

http://www.gonzoshouts.com/place/3649/

suda01.png
suda02.png

mansou02.jpg
上の写真は明治中期20年頃、淡路町から須田町方面を撮した写真ですが、“江戸”の生活は明治中期まで変わらなかったと言われるように建物はほぼ日本式家屋です。違いがあるとすると明治14年に幹線道路や運河に面した建物は火に強い煉瓦造・石造・蔵造に建て替えろという東京防火令が出て、当てはまる建物の多くが江戸期から奨励され建替えが容易だった蔵造に変わっていることでしょうか。今度の条例のようなことは明治初期から行われていたわけです。この防火令で明治期の東京の景色はおそらく江戸の頃よりも黒っぽい印象になっているはずです。
さらに写真を細かく見ますと神田川沿いに立つ洋館は現在昌平橋近くにある神田郵便局の前身である万世橋郵便局で、当時は後に万世橋駅が出来る旧交通博物館の辺りにあったのが分かります。その前にはレールがあり馬車鉄道が走っているのも分かりますが、この馬車鉄道は日本橋から万世橋を経て、上野から浅草までを走っていました。また、埼玉・群馬方面へ向かう乗合馬車もここから出ていたようです。写真には出ていない郵便局の左に万世橋があるのですが、ややこしいことに郵便局の裏に見える橋は江戸期には上流の方にあった昌平橋で、洪水で流されてこの時期だけ万世橋の下流にありました。大名屋敷があった連雀町(現在、神田やぶそば、甘味処竹むら、鳥すきぼたんなどが並ぶ神田食味街)は町家に変わっていますが、区画自体は江戸の頃から大きくは変わっていないようですね。
明治に変わっても交通の要所という地位は変わらず、更に神田市場に加えてその周辺には問屋街も形成され多種多様な物資を扱う場所として更に人が集まるようになり、須田町周辺は“繁華街”となっていくわけです。この時期に万惣はそういう状況を背景に当時の上流階級をお得意先として商売を拡大していったようです。そして明治43年には果物業界で初めて宮内庁御用達となります。

平永町はこの辺だろう。
mansou02 - コピー

関連記事

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

最新記事