グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体部レリーフ異常胃炎

Q15: 「レリーフ異常」ってなに?
-----
A15: 胃の粘膜のヒダをレリーフといいますが、太くなったり蛇行している状態で、胃炎や胃酸過多に多い所見です。

胃がんの原因



1.食事・アルコール

アルコールは、適量であれば問題はありませんが、度が過ぎた飲酒は胃に負担をかけます。

また、野菜にはがん細胞のもととなる傷ついた細胞を修復する機能があるので、野菜や果物の不足にも注意が必要です。

塩分や香辛料の多い食べ物、熱すぎる食べ物、焦げ付いた食べ物など胃を刺激するものの取り過ぎも胃がんの原因になり得ます。

胃は食べたものを貯蔵して次の十二指腸に少しずつ送る役割や消化する役割などがあります。そのため、食べ物に大きく左右される可能性があります。

2.喫煙

たばこに含まれる有害物質が胃の粘膜を刺激することがよくないとされています。

3.ストレス

ストレスで胃潰瘍や胃炎を繰り返すと胃粘膜細胞が傷つき、修復が追いつかなくなることで胃がんになる可能性が高まります。

4.ヘリコバクターピロリ菌

胃にとりついて炎症を起こす菌です。上下水道の整備が十分でなかったころ、井戸水を飲む機会が多かった50歳以上の世代では約70%の人が感染しているといわれています(日本医師会)。ただし、胃がんの危険因子とされていますが、感染している人が全員発症するとは限りません。ピロリ菌については、詳しくは「胃潰瘍の原因?ピロリ菌ってどんな菌」をご覧ください。

胃がんの症状

早い段階で腹痛を感じる人もいますが、多くは無症状のまま経過します。がんが進行していても1/3の人は無症状といわれています。食べ物の通過障害や食欲不振、吐き気・嘔吐、貧血、黒色便、体重減少などが見られた場合は、しばしば進行がんになっていることがあります。
関連記事

この記事に対するコメント

グルメと日々の紀行

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://sillyzany.blog16.fc2.com/tb.php/1749-eff38452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。