グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声門上がんの早期の症状

声門上がんの早期の症状は喉の異物感(部位が一定している)や、食事の時、特に固形物や刺激物を飲み込んだ時痛みが出現したりします。他の部位より比較的早期から首のリンパ節が腫れて気づかれることもあります。進行すると声門へがんがおよび嗄声や呼吸苦が出てきます。

声門上がんは癌が小さいうちには特有の症状がなく、声帯にまで広がって初めて嗄声が出現します。
癌が進行すると、血痰や嚥下時の痛みが出現するようになり、さらに進行すると喘鳴や呼吸困難も伴うようになってきます。

A.喉頭がんの特徴
日本の喉頭がん罹患率は人口10万人あたり約3人と、同じ気道系の癌である肺がんに比較するとその発生率は低いと言えます。
(1)喫煙との関連 
喉頭がん患者の96.5%は喫煙者で、非喫煙者は3.5%に過ぎません。「喫煙さえしなければよい」という最も予防しやすい癌であるといえます。

(2)男性優位
喉頭がんは10:1(声門がんでは18:1)で圧倒的に男性に多い癌です。これは喫煙との関連が大きく、逆に言えば喫煙女性は発癌率が高くなると言えます。
年齢的には20~30歳代には少なく、60歳代後半に発病のピークがあります。

原因

真の原因は不明ですが、長期の重度喫煙歴のある男性、特に50歳以上のヘビースモーカーに多いとされています。特に声門上癌は過度の喫煙や飲酒により、本来の組織である線毛上皮が扁平化生をきたし扁平上皮癌を形成すると考えられています。

口の中とノドの癌の予防と早期発見

 今までお話ししましたことを元にして、、口の中とノドの癌の予防のためには、以下のことが必要となります。

 ☆ タバコはひかえましょう

 ☆ お酒は適度に

 ☆ 舌とか頬の粘膜が歯にこすれる場合は早めに歯科医に行って、歯を削ってもらいましょう

 一方、口の中とノドの癌の早期発見のためには、以下のことが必要となります。

 ☆ 月に一度はクビをよく触って、固い、痛くないグリグリはできていないか調べましょう

 ☆ 月に一度は口の中を鏡で見て、白いところはないかを調べましょう

 ☆ 年に一度は胃カメラを飲みましょうまた、以下の場合は、早めに受診しましょう。

 ☆ 口内炎がなかなか治らない時(口腔癌)

 ☆ 片一方の耳だけ詰まった感じがする時(上咽頭癌)

 ☆ 血の混じった汚い鼻汁がでる時(上咽頭癌)

 ☆ 飲み込むときに痛み、こすれる感じがある時(中咽頭癌、下咽頭癌)

 ☆ 声がかすれてきた時(喉頭癌、下咽頭癌)

 ☆ クビに固いグリグリが見つかった時(すべて)

 ☆ タンやツバに血が混ざった時(すべて)

 さらに、親族で口の中とノドの癌にかかった方がおられる場合は注意が必要です。

 この公開講座を聞いていただいた皆さんは、もう、頸やノドの癌は早期発見さえできればそれほど怖いものではないということがおわかりいただけたと思います。  今日の話を参考にしていただきて、もし少しでも「おかしい」と感じる症状があった場合は、迷わずできるだけ早く、癌のよくわかる医師の診断を受けていただければ、と思います。


文責:森 一功 教授
関連記事

この記事に対するコメント

グルメと日々の紀行

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://sillyzany.blog16.fc2.com/tb.php/1737-4cab03c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。