関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
寝るときは、入れ歯は入れたままでよいですか?
 基本的には、夜間就寝時も義歯(入れ歯)は入れていることをお勧めします。
 その理由は、天然歯と同じような生理的な噛み合わせの確保であり、また、いわゆる老人性の顔貌でない自然な顔貌の確保にあります。つまり、自分の歯が存在している口腔の状態を維持する必要があるからです。
 しかし、このことをするには条件があります。それは、義歯の粘膜面と自分の顎の粘膜を食後に歯ブラシでしっかりとみがくことです。そして、顎の粘膜をみがいている間、清掃剤に義歯を漬けて化学的清掃を行います。
 このように手入れをしておけば、夜間義歯を入れていることで、顎の粘膜に悪い影響を及ぼすことはありません。
 しかし、就寝時に義歯を入れていることでかえって苦痛を感じ、熟睡できずに睡眠不足になり、ストレスになるようであれば、むしろはずして寝た方が良いと思います。
 ちなみに、歯科の専門学会でもはずして寝るべきか、入れたまま寝るべきか、意見が分かれているところです。

http://www.oita-dental-a.or.jp/qa/qa07.html
関連記事

【2016/01/02 17:17】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック