グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周ポケットの磨き方

どのような歯の磨き方が適切か
プラークは歯の表面に付着する習性をもっています。そのためまずは表面に付着したプラーク除去が基本になります。歯の表面に付着したプラークを徹底的に常に歯磨きで除去できるようになると、歯肉の炎症が軽減し歯肉線維群が改善し始め歯肉が締まってきます。そして歯周ポケット内の細菌群が顕著に減少し、歯周ポケットに変化が起こります。

歯肉が締まり始めると歯周ポケットが浅くなり始めます。病状によってさまざまですが、歯周ポケットが正常範囲に回復する方もいらっしゃいます。もちろん病状が進んでいる方は、歯肉の炎症がある程度改善するのを待って、その後の処置(スケーリング・ルートプレーニング・外科処置)を行なっても良好な回復が期待できるようであれば、私たち医療者が積極的に歯周ポケット内の処置を行なうことで回復を期待します。

そもそもプラークはまず歯肉縁上の歯の表面に付着します。(歯根が露出している場合は歯根面にも付着します)プラークが停滞し続け、歯肉の炎症が慢性化し、歯周ポケット内の健康な線維付着が破壊され、その後剥離していくことで歯周ポケットが徐々に深くなります。その結果歯周ポケット内が細菌群の温床になるわけですが、もともと歯周ポケット内は、血液中の白血球などに細菌と戦う免疫成分が含まれ、自己防衛システムが働き常に健康に維持できるシステムになっています。

そのため歯周ポケット内にあえて歯ブラシの毛先を押し込んで磨く必要がないのです。


歯周ポケットは常に自己管理する部位ではなく、生体の免疫作用に頼る部位なのです。
そのため歯肉縁上(歯周ポケット上)に付着しているプラークを除去するのに専念してもらい、歯周ポケット内のことは専門家にお任せというのが適切かと思います。

歯の表面に付着したプラークに焦点を置き、確実に狙ってプラークが除去できるようになれば、歯肉を痛めることはまずありません。歯肉を痛めつけながら治すのではなく、歯肉の回復を最大限引き出しながらの歯磨き方法が大切なのです。


歯周ポケット内を極細毛の歯ブラシで意識して磨く歯磨き法は、一見理想的と思われるでしょうが、歯肉にとってはありがた迷惑な行為なのです。



日常臨床でよく体験する歯肉の変化
歯肉縁上の歯磨きによって歯肉が締まると、歯肉の腫れが治まり、出血も治まってきます。そして何より歯肉に張りが出てきます。歯周病治療でよく使用するプローブが、最初は何の抵抗もなく歯周ポケットに入っていたのに歯肉の炎症の改善に伴いポケット内に入りにくくなる現象が起こります。これはまさに炎症が改善されたことによる歯肉線維群の改善の威力なのです。

もちろんその後のスケーリング・ルートプレーニング処置でも同じことをよく感じます。
このことがしっかり歯肉縁上の見えるプラークを除去するだけで歯肉線維が修復している証なのです。
これが生体の力 治癒力なのです。

http://www.funasaka-dc.jp/shikou/shikou.cgi?vol=50
舩坂歯科医院 JR浜松駅南口から徒歩約2分

静岡県浜松市中区砂山町329-8 第6清川ビル3F
電話番号 053-413-2180
関連記事

この記事に対するコメント

グルメと日々の紀行

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://sillyzany.blog16.fc2.com/tb.php/1722-b87ae0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。