関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
入れ歯を初めて使い人はその違和感に驚くかもしれません。 そのため、最初は違和感から痛みを伴う人も少なくありません。 違和感に慣れていないだけの人は2~3日もすれば気にならなくなるという方もいるのですが、 慣れていないから痛いというのとは別に原因がある場合、何時まで経っても痛みは消えることはありません。

入れ歯を使い始めると、たいていの人が入れ歯は痛いと思うそうです。 なぜ痛みが出てしまうのでしょうか。
入れ歯による痛みというのは主に、食べ物を噛んだ時に入れ歯と歯茎がぶつかることによって出てしまいます。
入れ歯は歯茎に合わせて作られていますが、噛み合わせが合わないと入れ歯が動いてしまい、噛んだ時の力が歯肉のどこかに集中してしまいます。 力が集中してしまうと、その部分が痛くなる可能性が高いです。

また、噛み合わせの問題だけではなく、もともと入れ歯と歯肉が密着していない場合にも、食べ物を噛んだ時に部分的に力が集中しやすくなるので痛みが発生しやすくなります。
食べ物を噛んだ時だけ入れ歯が痛いという原因は、入れ歯が動いてしまうのが主な原因として挙げられます。

関連記事

【2015/11/21 19:57】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック