グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクールF

ダウンロード


投稿者 S・中野
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: コンクールF (ヘルスケア&ケア用品)
歯周病に唯一効果があると認められている成分
クロルヘキシジンが配合されてる洗口液です。

しかしクロルヘキシジンの効果は濃度0.1%以上のものにしか認められていません。
こちらのコンクールFは原液で0.05%
用法通りに薄めれば0.0003%程度の濃度でしょうか。

正直なところ、この濃度では効果は限りなく0に等しいと考えられます。

また、効果がなさそうにも関わらず着色だけはします。
低濃度のためその他の副作用(味覚障害など)は起こりにくいでしょうが
基本的に長期使用は控えるべきだと思います。

ちなみに平成15年まで売っていた旧コンクールFは原液で濃度0.36%
あの頃は原液を歯磨き粉に混ぜてのブラッシングなどを歯科医師が薦めていました。

現行のコンクールFではたとえ原液で利用しても効果はなく、
効果があるとすればプラシーボというのが現実でしょう…。

追記:2014/12/21
上記のレビューではウエルテック社がコンクールFを改悪したように思われるかもしれませんが、
有効濃度のクロルヘキシジンによるアナフィラキシーショック(らしき)事例が起こったために
日本国内では0.1%以上の濃度を持つクロルヘキシジン含有の洗口液は販売されなくなりました。

よって、コンクールFに限った話ではなく、バトラーCHX洗口液なども含め、
日本国内で現在販売されているクロルヘキシジン含有の洗口液は全て効果がありません。


-----
ひろりんさんのコメント:
勘違いしてほしくないのですが、CHG濃度の抑制は安全の観点からの厚生労働省からの指導が入ったというところです。

CHG配合口腔製品については、長年、業界内と厚生労働省間で安全性の観点からCHG濃度について長く検討されてきたようですが、
平成14年6月に原液のCHG濃度0.05%未満とするという業界の自主基準ができたようです。
それにより、コンクールは、平成15年7月10日に代替申請が承認されたようです。
日本では、コンクール以外のどの製品でもCHG濃度0.05%未満なんだと思いますが…
この投稿に返答する
固定リンク | 違反を報告 | この投稿者を非表示にする
16人中15人が「この投稿が参考になった」と投票しています。この投稿は参考になりましたか? はい

いいえ
投稿日: 2015/09/08 2:23:07:JST
パピヨンさんのコメント:
私は、歯周病治療で歯科医に勧められて使用し始めました。
長年、歯茎が周期的に腫れて相当な痛みに悩まされていたのですが、コンクールを使用し始めてから歯茎の腫れは全くなくなりました。
最低一日2回はうがいをします。4年間ずっと使用中です。
決してプラシーボ効果ではないと身を持って確信しております。
安易な能書きは慎んでもらいたですね。まさに、机上の空論。


---------
投稿者 カープファン 投稿日 2011/4/15
長年歯周病に悩まされてきた。(現在62歳) 約1か月前、上の右の奥歯が自分の舌で押せば回転するほど悪化し、ひどい痛みを伴うようになった為、近所の歯科医で抜歯してもらった。 その際、上の前歯もかなりぐらぐらと揺れていた為、入れ歯にするよう勧められる。 このままこの歯科医に通うと前歯も抜かれ、上の歯は総入れ歯になりかねないと危険を感じた為、結果としてこの歯科医に通院するのを止めることにした。 しかしながら歯の痛みは激しく、上の歯全体に気持ち悪い感覚が続いていたため、何とかしのぐ手段ないかとインターネットで調査することにした。
その結果、下記の方法で症状(歯の痛み及び歯のぐらぐら)が顕著に改善されてきたので報告いたします。
'1.歯磨きにはリステリン・トータルケア(液体歯磨き)を使用する。
 本品には、塩化亜鉛が含有されており、歯石を防ぐ作用がある。
 又、サリチル酸メチル等が配合されており、痛みの除去には効果的。
 いろいろな歯磨きを試したが口の中のさっぱり感は本品が一番持続するように感じた。
 必要に応じシュミテクト・トータルケアを併用する。
'2.更にマウスウォッシュとして生薬製剤のアセス・メディクリーンを使用する。
 これにコンクールFを5〜6滴程度加えて使用すると非常に効果が高くなる。
 それぞれを単品で使用するよりも併用した方が効果が高くなり、且つ効果が持続することを実感致しました。

投稿者Amazon カスタマー2015年7月19日
Amazonで購入
マウスウォッシュを毎日使っていて効果がイマイチで、歯医者さんからススメられてこちらを購入しました。使ってみて最初の方は、効果を感じにくかったのですが、一年後に定期検診で歯医者で歯茎の検査をしたら、明らかに歯茎の状態が良くなって、虫歯もありませんでした。しかもマウスウォッシュよりも、10倍は長持ちして経済的です。本当にこちらの商品に出会えて、感謝しています。是非、オススメです!


関連記事

この記事に対するコメント

グルメと日々の紀行

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://sillyzany.blog16.fc2.com/tb.php/1701-873c4a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。