関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
イソジンは歯周病にきくの?
イソジンならあるんだけど歯槽膿漏にきくの?といわれることがあります。たしかにイソジンは優れた消毒薬ですが、通常のうがい薬の濃度は低いことと、持続性がないので、それ単体で歯周病治療にはあまり使われません。
歯周病にはCHXと言うお薬が一般的で、持続性があるため、0.1%溶液なら1月のうち最初の1週だけ使用して、あと3週は休薬するという使い方をします。
よく効くんですが、すこし辛いですね。薄い濃度のCHXはよく出回っていますが、世界中でたくさんのエビデンスがあるのは0.12%なのでできればこれくらいを使っていただきたいと思います。

歯科医師  前田 博章
尼崎のまえだ歯科では歯周病・歯並び治療に取り組んでいます


イソジン,歯周病,治るイソジンのうがいの効果は?

イソジンにはポピドンヨードという成分が含まれています。このポピドンヨードには細菌やウィルスに対して殺菌・消毒の効果があります。イソジンでうがいをすることで確かにお口の中やのどの殺菌・消毒ができます。

しかしイソジンが特別に歯周病菌の殺菌をするのか?というと、まだはっきりしません。イソジンは特定の細菌だけに効果があるのではなく総じて殺菌・消毒に効果があるということなのですからイソジンでうがいさえしていれば歯周病が治るということにはならないのです。


イソジン,歯周病,治る歯垢(プラーク)の除去が有効な予防法

歯周病は歯垢(プラース)の中の細菌が原因ですから毎日の歯磨きで歯垢(プラーク)を除去することが一番の予防法になります。つまり正しく歯磨きを行いその上でイソジンでうがいをすればより効果的ということなのです。

関連記事

【2015/11/08 11:41】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック