関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
保険適用の入れ歯
人工歯:種類が限られている為、場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。
歯肉部:汚れが付きにくく、装着感がよい形態になっています。基本的な形態だけで、制限があります。
義歯床(樹脂):金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。
維持装置(留め金):残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。その為、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。
hoken.png

http://www.ireba-navi.com/hikaku.html
保険適用と自費負担の入れ歯 - 入れ歯ナビ
関連記事

【2015/11/07 14:49】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック