グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯 落ちてくる

歯 落ちてくる

歯を抜けたままにして放置しておくと、お口の中には様々な影響が出てきます。
奥歯の下の歯が1本抜けた場合、まずこれまでその歯と噛み合っていた上の歯が下に伸びてきます。また、両隣の歯が抜けた歯の方向に倒れてきて、さらにはそこにプラークがたまりやすくなってしまいます。結果として、虫歯や歯周病などが誘発されることがあります。歯はかなり緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、例え1本の欠損の場合でも、そのままにしておくことはお勧めできません。

抜けた歯と咬み合っていた歯が抜けた歯のスペースに伸びて出てくる(対合歯の挺出)
失った歯の反対側の歯は、かみ合う歯がないので、徐々に伸びてしまいます。
02.jpg

挺出前 挺出後

歯を抜けたままにしておくとこのような影響が出るおそれもあります
・抜けた歯と噛み合っていた歯が伸びて出てきます。

・抜けた歯に上下的に対合する歯は、噛み合わせの相手が無くなるので、徐々に伸びてしまいます。

・抜けた歯の両隣の歯は、支えがない為、歯が抜けた方向に傾いてしまいます。長い時間抜けたままにしていると、更に隣の歯も同じように傾いていきます。

・噛み合わせが狂い、正しい噛み合わせが失われる。失った本数が多い場合には噛み易いほうの歯でばかり噛むので、噛み合せのバランスが崩れていきます。また噛み合せのずれは、顎関節症の原因となり、肩こり、あごの関節の痛み、関節音といった症状になる可能性も出てきます。

・歯の間の隙間が広がり、食べ物が歯の隙間につまったりするので歯が汚れ易く、プラーク(虫歯や歯周病の原因となる細菌の集合体)がたまり虫歯や歯周病ができやすい口内環境になります。

・歯が抜けて時間が経つと歯肉が痩せるので更に頬がこけて見えたり顎がたるんで見えたりします。

・歯が抜け、食べ物をちゃんと噛めない事で消化器官(胃や腸)に負担が掛かる。更に唾液の分泌が不足するようになり、消化不良を起こしがちになってしまいます。

・歯が抜けた部分から息が漏れ、上手に発音ができなくなります。

http://www.ariodc.com/implant-02.html
歯を抜けたままにしていると?について | インプラント治療なら西大島や亀戸からすぐの歯医者、アリオ北砂歯科クリニック
関連記事

この記事に対するコメント

グルメと日々の紀行

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://sillyzany.blog16.fc2.com/tb.php/1690-2e44fb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。