関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
ロンドン大学が、12年間かけて英国人6万5千人を対象に行った調査によると、一日の野菜や果物の摂取量を5皿(400g)から10皿(800g)にするべきであるという結果が出ました。
野菜は果物の4倍も健康的であり、また一日560gの野菜や果物を摂った人は、様々な疾患で早死にする確率が、摂らない人に比べて42%減り、一日400gから560gを摂取していた人は36%、一日400gを摂取した人は29%、たとえ一日に80gから240gを摂取していただけでも14%も減っています。

さらに、最も多い量の野菜や果物を摂取していた人は、がんで死亡する確率が25%も減り、心臓疾患で死亡する確率が31%も減っています。

関連記事

【2015/11/02 21:04】 | 健康
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック