関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
300e1f52bf6ec1fbffcb3015237936d6.png

・最高検察庁 検事総長
  給料:149万5000円
  年収:約2890万円


・最高検察庁次長検事
  給料:122万2000円
  年収:約2361万円

・東京高等検察庁検事長
  給料:132万8000円
  年収:約2566万円
  
・その他の高等検察庁検事長
  給料:122万2000円
  年収:約2361万円

・検事一号(検事正:地方検察庁トップ)
  給料:119万8000円
  年収:約2315万円

・検事二号(検事正:地方検察庁トップ)
  給料:105万5000円
  年収:約2038万円

・検事三号(次席検事)
  給料:58万7900円

・検事四号
  給料:83万4000円
  年収:約1610万円

・検事五号:
  給料:72万0000円

・検事六号:
  給料:64万6000円
  年収:約1240万円

・検事七号:
  給料:58万5000円
  年収:約1130万円

・検事八号:
  給料:58万7900円

・検事九号:
  給料:42万7900円
  年収:約930万円

・検事十号:
  給料:39万3500円

・検事十一号:
  給料:37万0000円

・検事十二号:
  給料:34万6200円

・検事十三号:
  給料:32万3500円

・検事十四号:
  給料:30万7800円

・検事十五号:
  給料:28万9700円

・検事十六号:
  給料:27万9100円

・検事十七号:
  給料:25万5400円

・検事十八号:
  給料:24万6400円

・検事十九号:
  給料:23万6000円

・検事二十号:(新人検事)
  給料:22万8000円
  年収:約579万円

検事長以上のトップ10人(検事総長、次長検事、検事長8人)は別格として、
それ以外の検事は1号から20号まであります。
この「号」というのは、給料のランクであり、数字が大きいほうがランクが下です。
検事の「号」は、裁判官のそれとリンクしており、
検事1号から8号までは判事1号から8号までと金額が同じ、
検事9号から20号までは判事補1号から12号までと金額が同じです。
最初に任官したときは検事20号であり、
経験年数が少ないうちは、だいたい経験年数とともに上がっていって、
満10年経つと(11年目に入ると)検事8号になります。
これは、満10年で裁判官が判事補から判事になるのと同じです。
その後は、勤務成績などによっても上がり方が異なりますが、
検事1号や2号には、各地方検察庁の検事正や最高検察庁の検事がなれます。
関連記事

【2015/10/25 20:45】 | 趣味
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック