関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
「野菜ジュース」でがんに負けない体をつくる

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82440770X20C15A1000000/

消化器専門の外科医として、がん患者を5000人余り治療し、約2000例のがん手術をしてきた済陽高穂さん。

「がんの『芽』は、健康な人でも1日3000~5000個は発生しているといわれます」と済陽さん。ただしすべての「芽」が、がん細胞になるわけではない。がんの成長を抑制してくれる食べ物と、逆にがん細胞の発生・成長を促してしまう食べ物とがあるという。

fc2blog_20151018205918b35.png

世界がん研究基金による調査(1997年)では、野菜が、がんのリスクを低下させることが明確になった(下表参照)。「特に食道、肺、胃、大腸のがんには、野菜が効果的とされています」と済陽さん。

fc2blog_2015101820595178f.png

がん予防のジュースの必須アイテムがレモン。免疫力を高める効果が特に強い。これに旬の野菜と果物を加える。

 既にがんに罹患(りかん)した人には1日1.5~2Lと、大量のジュースを飲むよう勧めているが、予防目的なら1日300~500mLで十分という。

 「細胞の新陳代謝は100日以内のものが多いから、3カ月から半年間ほど朝のジュースを続ければ、体質改善できますよ」(済陽さん)
関連記事

【2015/10/18 21:02】 | 健康
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック