人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている

0 Comments
だるみ
「妻と死別した日のこと」 より 一部

---------------------------------------------------
「いろいろ事情があるんだろうよ、、、、、」

大人はそういう言い方をする。

なぜか?

人間一人が、この世の中を生き抜いていこうとすると、

他人には話せぬ(とても人には言えないという表現でもいいが)

事情をかかえるものだ。

他人のかかえる事情は、当人以外の人には

想像が付かぬものがあると私は考えている。

----------------------------------------------------

妻、夏目雅子さんが亡くなった直後に、タクシーを拾おうと手を上げた時に、
その少し手前で、同じくタクシーを待っていた母と少年にその1台を譲りました。

あの時の立場が逆で、自分が少年だったら、やつれた男(自分)の
事情など一生わからぬまま、いや記憶にもとめない遭遇でしかないのです。

-----------------------------------------------------
それが世間のすれ違いであり、他人の事情だということを

私は後になって学んだ。

人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている。
関連記事
だるみ
Posted byだるみ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply