グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べるだけで賢くなれる?脳に効く「魔法の食べ物」トップ10

ランキングサイト『Toptenz.net』から、脳が健康になる食べ物トップ10をお伝えします。脳に優しい食べ物はどんなものがあるのでしょうか? 早速チェックしてみましょう!



■10位:牡蠣

研究によると、亜鉛と鉄を豊富に含むカキを食べると、思考が鋭くなり、記憶を呼び起こすのが早くなる効果があるそうです。亜鉛と鉄は、脳の集中力と記憶に関係があるといわれています。



■9位:全粒穀物

玄米、全粒小麦粉などの全粒穀物はよくダイエットに良いといわれていますが、なんと脳にも良いのだそうです。

全粒粉、ブラン(ふすま)、小麦胚芽、玄米、オートミール、全粒パン、大麦などは、細胞尾増殖をするためのDNAの合成に必要なビタミンの一種“葉酸”を豊富に含んでいます。脳の血流を良くする働きもあり、脳機能を質・量ともに高めるのです。

また、記憶力を高める働きのある栄養素チアミン(ビタミンB1)も、多く含まれています。



■8位:お茶

お茶のカテキンが脳にとても良いのです。カテキンには、脳の機能を調整して頭を冴えさせる効果と、リラックスさせることで脳疲労を防ぐ効果があります。



■7位:卵

年齢を重ねると、脳の容積が小さくなって脳神経機能が衰える現象が起きることがあります。これを脳萎縮といいます。加齢現象のひとつで、ある意味自然なことでもあるのですが、卵を食べることである程度防げるそうです。

卵にはビタミンB12やレシチンが豊富に含まれており、これらはアルツハイマー病などで見られる、脳の委縮を食い止める働きがあります。

また、卵の黄身にはコリンという物質が含まれています。コリンは脳細胞の増殖に重要な関連を持ち、記憶力を高めるといわれています。卵はコレステロールも多いため、食べ過ぎるとよくないのですが、1日に1~2個ならば脳によい食べ物といえるでしょう。



■6位:カレー粉

カレー粉の主成分であるクミンは、抗酸化物質のかたまりです。脳をいきいきとした状態に保ち、認知機能を保つ効果があります。また、カレー粉は脳にもダメージを及ぼす活性酸素の害や、糖尿病とも戦ってくれるのです。



■5位:ベリー類

ベリー類の中でもブルーベリーは、運動能力と学習能力を高める働きがあることで有名です。視力の回復に効果的ということでも有名ですが、目を通り越して脳にまで良いとは驚きですね。

また、ブルーベリーだけでなく、ブラックベリーやラズベリーなどは、抗酸化物質が多く、脳の働きを高めます。



■4位:ナッツや種実類

ピーナッツ、ヘイゼルナッツ、カシューナッツ、クルミ、アーモンド、ペカンナッツ、かぼちゃの種、ひまわりの種なども脳にいい食べ物です。

ナッツや種実類には、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、葉酸、ビタミンE、ビタミンB6が豊富に含まれています。いずれも鋭敏な思考に役立つ成分です。

また、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は天然の抗うつ効果があるといわれており、よりポジティブな思考に役立ちます。さらに、チアミンやマグネシウムを含んでいて、記憶に効果的なナッツもあるそうです。



■3位:キャベツやほうれん草などの青菜

実はキャベツやほうれん草などの青菜は、ぜひとも脳のために食べてください。青菜には、ビタミンB6、ビタミンB12、そして葉酸が含まれています。これらの栄養素は、以前に記憶したことを思い出して、実行するときに役立ちます。

また、青菜に含まれる栄養素は、物忘れやアルツハイマー病のリスクを高めるホモシステイン濃度を下げる働きがあります。



■2位:鮭、マグロ、ニシンなどの魚

魚にはオメガ3脂肪酸が豊富で、脳だけでなく身体全体に多くのメリットをもたらします。週に一度、ひと切れの魚を食べるだけで、アルツハイマー病のリスクを相当減らすことができるぐらいです。

また、オメガ3脂肪酸は、脳により多くの酸素を供給する働きがあります。その結果、以前に覚えたことを脳に留めたまま、新しい情報を覚えることができるのです。中でも脳にいい魚は、鮭、マグロ、そしてニシンです。



■1位:チョコレート

チョコレートの原料のカカオには、脳に良い成分が多く含まれています。たったスプーン2~3杯のカカオの中に、緑茶や赤ワインよりたくさん抗酸化物質が含まれているそうです。

そんなカカオに含まれる主要な抗酸化物質は、フラボノールといいます。このフラボノールには、脳の血流を高めるという働きもあります。ただ、フラボノールはミルクチョコレートには入っていないので、必ずダークチョコレートを選んでください。



上記10個の中で、あなたが普段食べているものはありましたか? 子どものための食べ物ももちろん大事ですが、たまには自分の脳を喜ばせる食べ物も、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね!

http://itmama.jp/2013/06/25/9248/
関連記事

この記事に対するコメント

グルメと日々の紀行

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://sillyzany.blog16.fc2.com/tb.php/1651-eead3cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。