犯則事件の調査・告発

0 Comments
だるみ
第8章 犯則事件の調査・告発

1.告発の状況
3件の告発を実施(7件)
(内訳)
内部者取引1件(2件)、相場操縦1件(0件)、風説の流布1件(0件)
* カッコ書きは平成24年度の件数
2.告発事例
○ イー・アクセス株券に係るイー・アクセス社員による内部者取引事件
【平成25月4月】
→ 発行会社の代表取締役付き秘書であった犯則嫌疑者が、同社が他社と業務提携し、その親会社との株式交換を行うという重要事実が公表される前に多数の同社株を買い付けたという会社関係者による内部者取引事件
○ セントラル総合開発株式会社株券に係る相場操縦事件
【平成25年7月】
→ 犯則嫌疑者が自分の証券口座と借名口座を使い、仮装売買(対当売買)に加え、買い上がり買付けや下値に大量の見せ玉を発注するといった手法による相場操縦事件
○ 電子掲示板を悪用した風説の流布事件
【平成26年3月】
→ 犯則嫌疑者が、自らが買い付けた株を高値で売却することを目的として、株に関するインターネット掲示板にそれらの株が暴騰するといった根拠のない書き込みを繰り返し実行。ネット掲示板の書き込みによる風説の流布としては2件目の告発
関連記事
だるみ
Posted byだるみ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply