関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。
戸建てとマンション、地方と東京についてそれぞれ賃貸と購入で比較してきましたが、忘れてはいけないのは家賃補助の問題です。これがあるともう前提が全く変わってしまいます。現在は家賃補助を廃止している会社も結構ありますが、それでも家賃補助がある会社もまだまだあります。また、転勤等がある場合は15万円まで全額とか家賃の8割で上限が8万円とかいうパターンもよくあります。

 社宅のありなしなども含めて、家賃補助のシステムは会社によって全く違うのでなんとも言えないのですが、とりあえず3万円、5万円、8万円と3パターンでシュミレーションしてみましょう。

 マンションを借りるか買うか(東京編)では、購入した場合の35年間のコスト7600万円、賃貸にした場合のコスト6900万円という数字を出して、差額は1700万円で賃貸有利としました。

 しかし、賃貸の場合に家賃補助が出ると仮定すると、3万円×12ヶ月×35年間=1260万円、5万円×12ヶ月×35年間=2100万円、8万円×12ヶ月×35年間=3360万円の3つの数字が出てきます。

 上記の数字を借りた場合のコスト6900万円から引くと、それぞれ5640万円、4800万円、3540万円となります。家賃補助がなかった場合の購入と賃貸との差額は1700万円でしたが、家賃補助8万円貰っているパターンで計算するとその差額は4000万円以上となります。こうなると35年後の時点で購入派が貯蓄ゼロだったとしても全く同じ生活をしていて賃貸派は貯蓄4000万円になっている計算になります。

http://fudousanshimane.com/category14/entry221.html
関連記事

【2015/06/14 18:49】 | 趣味
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック