関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。




ルイ・アームストロング~What a Wonderful World.
作詞:Robert Thiele・George David Weiss
作曲:Robert Thiele・George David Weiss

I see trees of green, red roses too
I see them bloom for me and you
And I think to myself, what a wonderful world
I see skies of blue and clouds of white
The bright blessed day, the dark sacred night
And I think to myself, what a wonderful world

The colors of the rainbow, so pretty in the sky
Are also on the faces of people going by
I see friends shaking hands, saying how do you do
They're really saying, I love you

I hear babies cry, I watch them grow
They'll learn much more than I'll ever know
And I think to myself, what a wonderful world
Yes, I think to myself, what a wonderful world



「この素晴らしき世界」 ("What a Wonderful World")とは、ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)の歌唱で1968年にヒットした曲。作詞・作曲はG・ダグラス(音楽プロデューサーのボブ・シールのペンネーム)とジョージ・デヴィッド・ワイス。ボブはベトナム戦争を嘆き、平和な世界を夢見て、この曲を書いたという。アメリカ合衆国では中ヒット止まりだったが(ビルボード(Billboard)誌の年間トップ100に入れなかった)、全英チャートで1位となった。1968年には、同名のアルバムもリリースされた。

その後、1987年の映画『グッドモーニング, ベトナム』で、戦時中のベトナムの牧歌的田園風景を映す印象的なシークエンスにBGMとして起用され、全米32位というリバイバルヒットとなった。

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日[1] - 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャンである。
サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。

ボブ・シール
(Bob Thiele、1922年7月27日 - 1996年1月30日)はアメリカの音楽プロデューサー。ペンネームにジョージ・ダグラスがあり、この名義でルイ・アームストロングの『この素晴らしき世界』を作詞作曲している。
14歳の時にジャズのラジオ番組を主催。彼はクラリネットも演奏し、ニューヨーク地区でバンドを率いていた。17歳の時にシグナチャー・レコードを創設し、レスター・ヤングやエロール・ガーナー、コールマン・ホーキンスを録音した。シグナチャーは1948年に倒産、1952年にシールはデッカ・レコードに移り、デッカの子会社のコーラル・レコードのA&Rマネージャーを務める。1961年にインパルス!レコードの創設者、クリード・テイラーがヴァーヴ・レコードに移った為、後継として着任。ジョン・コルトレーンやチャールズ・ミンガス、ディジー・ガレスピー、ソニー・ロリンズ、アーチー・シェップ、アルバート・アイラー等をプロデュース、録音する。1969年にインパルスより独立し、RCAレコードの配給の元、フライング・ダッチマン・レコードを創設。後にRCAはBMGに売却され、現在はフライング・ダッチマンは米ソニー・ミュージックエンタテインメントの一部にある。1972年に歌手のテレサ・ブリュワーと結婚する。晩年となる1995年に回顧録『What a Wonderful World』を発表。翌年1月30日に死去した。
あまり知られていないが、自らの作品をインパルスとフラング・ダッチマンで発表している。
ボブ・シール
関連記事

【2014/02/05 20:44】 | ネット
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック