Category認知症 1/1

飲酒とがん全体の発生率との関係について

No image

飲酒とがん全体の発生率との関係についてhttp://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/269.html男性の70%はほぼ毎日飲酒していると回答していましたが、女性ではほぼ毎日飲酒しているのは12%でした。調査開始時の飲酒の程度により6つのグループに分けて、その後のがん全体の発生率を比較してみました。調査開始から約10年間の追跡期間中に、調査対象者約73,000人のうち約3,500人が何らかのがんにかかりました。時々飲酒しているグル...

  •  0
  •  0

【限定無料請求】DHA

【限定無料請求】DHA青魚のサラサラ成分で、健やか健康値!回転もすっきりクリア!【限定無料請求】DHA1日4粒目安/30日分9月24日まで通常価格:¥1,191(税抜)¥0(税込¥0)商品番号: 36979数量: ※一世帯様1個1回限り※抽選で限定1万名様※今までにDHCの「DHA」をご購入、ご請求されたことのない方を対象とさせていただきます。※無料請求のお申込みにはメルマガ登録が必要です。http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=...

  •  0
  •  0

緑黄色野菜のピーマン

No image

緑黄色野菜のピーマンには、さまざまなビタミン・ミネラルが含まれていますが、中でも豊富なのがビタミンCとベータカロテンです。とくに赤ピーマンは野菜の中でもトップクラスのビタミンC量を誇ります。ピーマンなら4個、赤ピーマンなら2分の1個で一日分のビタミンCを摂ることができます。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、しみのもととなるメラニンの生成を抑える美肌効果や老化防止効果があります。また、ピーマンに含まれる...

  •  0
  •  0

どうしたらBDNFを増やせるか?

No image

http://www.xn--n4x78da08sj80b.com/prevent/bdnf/どうしたらBDNFを増やせるか?2013年6月25日放送の「たけしのみんなの家庭の医学」では、アメリカ・ミネソタ大学の脳解剖研究に協力しているノートルダム教育修道女子会のシスター678名の生活習慣にBDNFを増やすヒントがあるとのことでした。この修道女たちの死後の脳を調べた結果、脳はアルツハイマー病のような状態になっていたものの、3人に1人は亡くなる前に認知症の症状が出...

  •  0
  •  0

食べるだけで賢くなれる?脳に効く「魔法の食べ物」トップ10

No image

ランキングサイト『Toptenz.net』から、脳が健康になる食べ物トップ10をお伝えします。脳に優しい食べ物はどんなものがあるのでしょうか? 早速チェックしてみましょう! ■10位:牡蠣研究によると、亜鉛と鉄を豊富に含むカキを食べると、思考が鋭くなり、記憶を呼び起こすのが早くなる効果があるそうです。亜鉛と鉄は、脳の集中力と記憶に関係があるといわれています。 ■9位:全粒穀物玄米、全粒小麦粉などの全粒穀物はよくダイエ...

  •  0
  •  0

アルツハイマーになる人、ならない人の習慣 ジーン・カーパー

No image

<目次>はじめに 治療法が見つかるまでのあいだにできること第1部 食べものと飲みものを賢く選ぶ1 果物や野菜から抗酸化物質をとる2 ホウレンソウを食べる3 ポリフェノールが多いベリー系の果物を毎日食べる4 ナッツを食べる5 脂の多い魚を食べる6 マーガリンやコーン油にふくまれるオメガ6脂肪酸に気をつける7 オリーブオイルをたくさん使う8 肉を食べすぎない9 脳細胞を破壊する悪玉脂肪に気をつける10 地中海式の食事をする11 ...

  •  0
  •  0

アルツハイマーになる人、ならない人の習慣 単行本(ソフトカバー) –

認知症の中でも最も患者数が多いアルツハイマー病。いまだ治療薬は開発されていないが、最先端の研究報告によれば、かなり高い確率で予防はできそうだということがわかっている。心臓病や糖尿病などの生活習慣病と共通した要因があるため、食事や運動などによって防げるというのだ。本書はアメリカの著名な医療ジャーナリストが、アルツハイマー研究第一線機関に取材し、科学的根拠が確かな予防法を100項目、集めたものである。い...

  •  0
  •  0

あじ いわし

No image

イワシ・サバ・アジに効果あり?サバ・イワシ・アジ・サンマなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は血液の流れや脳の神経伝達を良くすることがわかっており、認知症の発症に関係することを示唆した疫学調査結果がある。 これはDHAに、アルツハイマー病の原因物質である老人斑が脳に蓄積されるのを抑える効果があることを、米国の研究チームが報告しているものだ。 また...

  •  0
  •  0

チョコに認知症予防の可能性

No image

チョコに認知症予防の可能性? カカオポリフェノールでBDNF増加2015.05.20 チョコに認知症予防の可能性?【拡大】 最近、チョコレートのさまざまな健康パワーが報告されている。中でも注目度の高いのが、愛知県蒲郡市・愛知学院大学・株式会社明治が産官学共同で昨年3月より行っている大規模臨床試験だ。11月の中間報告でチョコレートの主成分カカオポリフェノールの血圧低下作用が明らかにされたのに続き、今月19日...

  •  0
  •  0

DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果を確

No image

㈱マルハニチロホールディングス(本社:東京都江東区、社長:久代敏男)は、島根大学医学部、島根県立大学短期大学部出雲キャンパス、社会医療法人仁寿会加藤病院と共同で、2008年11月から2年間、食品を利用したDHAの認知機能など、健康・長寿に及ぼす影響を調査する臨床試験を実施いたしました。試験食には、食品としての食べやすさや馴染みの深さなどを考慮して、フィッシュソーセージを用いました。研究の結果、高齢者の認知症...

  •  0
  •  0

DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果

No image

― マルハニチロホールディングス、島根大学他合同チーム調査 ―DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果を確認〒100135-8603 東京都江東区豊洲 3-2-20 Tel 03-6833-0826 Fax 03-6833-0506広報 IR 部-0.1-0.0500.050612スコアの変化値ヶ月さらに、層別解析の結果では、赤血球膜のDHA濃度とMMSE総合点の変化値との間で有意な相関が確認され、DHA摂取による血中脂肪酸組成の変化が認知スコアの改善につながった可能性が...

  •  0
  •  0

たまごと認知症

No image

卵と認知機能にまつわる検証実験アメリカ・マサチューセッツ州のタフツ大学の研究チームが、現在ある実験を行っている。卵が、記憶力や理解力などにどのような影響を与えるかを調査する実験だ。被験者は50歳以上の男女44人で、期間は6カ月。その44人を2つのグループに分け、一方には毎日卵を2つ食べてもらい、もう一方にはと卵を食べない生活を続けてもらっているという。そして、それぞれのグループの記憶力、理解力、滞りなく話...

  •  0
  •  0