グルメと日々の紀行

関東(特に東京・千葉・神奈川・埼玉)を中心としたグルメ日記。

プロフィール

だるみ

Author:だるみ
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城を中心に動き回っています。

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒とがん全体の発生率との関係について

飲酒とがん全体の発生率との関係について

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/269.html

男性の70%はほぼ毎日飲酒していると回答していましたが、女性ではほぼ毎日飲酒しているのは12%でした。調査開始時の飲酒の程度により6つのグループに分けて、その後のがん全体の発生率を比較してみました。調査開始から約10年間の追跡期間中に、調査対象者約73,000人のうち約3,500人が何らかのがんにかかりました。
時々飲酒しているグループと比べると、男性では、アルコール摂取量が日本酒にして1日平均2合未満のグループでは、がん全体の発生率は高くなりませんでした。一方、飲酒の量が1日平均2合以上3合未満のグループでは、がん全体の発生率が1.4倍、1日平均3合以上のグループでは、1.6倍でした。(なお、日本酒1合と同じアルコール量は、焼酎で0.6合、泡盛で0.5合、ビールで大ビン1本、ワインでグラス2杯(200ml)、ウイスキーダブルで1杯です。)
この結果をもとにして、平均1日2合以上のような多量飲酒に起因してがんになる、すなわち、多量の飲酒を避けていれば何らかのがんにかからなくてすんだ割合を推計したところ、13%でした。
スポンサーサイト

【限定無料請求】DHA

【限定無料請求】DHA
青魚のサラサラ成分で、健やか健康値!回転もすっきりクリア!
【限定無料請求】DHA

1日4粒目安/30日分
9月24日まで
通常価格:¥1,191(税抜)
¥0(税込¥0)
商品番号: 36979
数量:
※一世帯様1個1回限り
※抽選で限定1万名様
※今までにDHCの「DHA」をご購入、ご請求されたことのない方を対象とさせていただきます。
※無料請求のお申込みにはメルマガ登録が必要です。
36979_L.png

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=36979

緑黄色野菜のピーマン

緑黄色野菜のピーマンには、さまざまなビタミン・ミネラルが含まれていますが、中でも豊富なのがビタミンCとベータカロテンです。とくに赤ピーマンは野菜の中でもトップクラスのビタミンC量を誇ります。ピーマンなら4個、赤ピーマンなら2分の1個で一日分のビタミンCを摂ることができます。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、しみのもととなるメラニンの生成を抑える美肌効果や老化防止効果があります。また、ピーマンに含まれるビタミンCは、ほかの野菜に比べて熱に強いのが特徴です。これはピーマンに含まれるビタミンPという栄養素が、ビタミンCを酸化と熱から守ってくれるため。ビタミンPには毛細血管を丈夫にする働きもあります。
*
 ベータカロテンも肌や粘膜を保護する効果や抗酸化作用があるため、これからの紫外線がとくに強い季節にうってつけです。ベータカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率がアップするので、油を使った炒めものや、オイル入りドレッシングでサラダにするのがおすすめの食べ方です。
*
 また、ピーマンの特徴でもある独特の青臭さは「ピラジン」という成分によるもので、ワタの部分にとくに多く含まれています。ピラジンには、血液が固まるのを防いで血液をサラサラにする効果があり、心筋梗塞や脳梗塞の予防効果が期待できます。

http://www.chiyoda-hospital.or.jp/2015062c.html

どうしたらBDNFを増やせるか?

http://www.xn--n4x78da08sj80b.com/prevent/bdnf/

どうしたらBDNFを増やせるか?


2013年6月25日放送の「たけしのみんなの家庭の医学」では、アメリカ・ミネソタ大学の脳解剖研究に協力しているノートルダム教育修道女子会のシスター678名の生活習慣にBDNFを増やすヒントがあるとのことでした。この修道女たちの死後の脳を調べた結果、脳はアルツハイマー病のような状態になっていたものの、3人に1人は亡くなる前に認知症の症状が出ていなかったことがわかったのです。

詳しくはこちらもご参照ください:認知症とは何か

では、修道女たちの生活習慣とはどんなものかというと、規則正しく日課をこなすことで、適度な運動をしながら頭も同時に使っています。運動すると筋肉が収縮してIGF-1という物質を分泌し、そのIGF-1が物忘れ改善物質BDNFを増やしていたのです。

国立長寿医療研究センター室長の島田裕之先生によると、BDNFを増やすには運動と頭をつかうことが大事で、この2点を抑えればアミロイドβが蓄積しても認知症リスクを抑制できると期待されています。この島田裕之先生が適度な運動と頭を使うという2点を取り入れた認知症予防トレーニングを開発し、愛知県大府市の高齢者の方々に1年間行ってもらったところ、約8割の人の認知機能を改善することに成功したといいます。

BDNFを増やす認知症予防トレーニング


※ただし、病気などで治療を行っている場合は主治医に確認を取って行ってください。

1) 「体を動かす」と「脳を使う」を同時に行うトレーニング
目安:1回30秒×週3回
・踏み台昇降運動と同時に
・計算(足し算・引き算)・野菜や果物の名前を次々と言う・2人で行う場合はしりとりをする
※1 踏み台が無ければ階段の一番下の段で行います。
※2 両足に均等に負荷がかかるよう、右足から上がって左足から降ります
2) 歩いて筋力を強化するモンキーウオーク
目安:1日1分間×週3回
・両足を肩幅ほどに開き、まっすぐに立つ。
・背筋を伸ばしたままゆっくりと両ひざを曲げて腰を落とし、両手を組んで前へ伸ばす。
・この状態のまま、前を見ながらゆっくりと歩く。
※慣れてきたら歩幅を大きくして大股で行うと、さらに筋力を強化できます
脳と体、どちらも健康に

適度な運動は認知症予防と同時に、体力の維持にも役立ちそうです。 脳と体がどちらも長く健康でいるために、1日のうちほんの少しをトレーニングに使ってみませんか?

食べるだけで賢くなれる?脳に効く「魔法の食べ物」トップ10

ランキングサイト『Toptenz.net』から、脳が健康になる食べ物トップ10をお伝えします。脳に優しい食べ物はどんなものがあるのでしょうか? 早速チェックしてみましょう!



■10位:牡蠣

研究によると、亜鉛と鉄を豊富に含むカキを食べると、思考が鋭くなり、記憶を呼び起こすのが早くなる効果があるそうです。亜鉛と鉄は、脳の集中力と記憶に関係があるといわれています。



■9位:全粒穀物

玄米、全粒小麦粉などの全粒穀物はよくダイエットに良いといわれていますが、なんと脳にも良いのだそうです。

全粒粉、ブラン(ふすま)、小麦胚芽、玄米、オートミール、全粒パン、大麦などは、細胞尾増殖をするためのDNAの合成に必要なビタミンの一種“葉酸”を豊富に含んでいます。脳の血流を良くする働きもあり、脳機能を質・量ともに高めるのです。

また、記憶力を高める働きのある栄養素チアミン(ビタミンB1)も、多く含まれています。



■8位:お茶

お茶のカテキンが脳にとても良いのです。カテキンには、脳の機能を調整して頭を冴えさせる効果と、リラックスさせることで脳疲労を防ぐ効果があります。



■7位:卵

年齢を重ねると、脳の容積が小さくなって脳神経機能が衰える現象が起きることがあります。これを脳萎縮といいます。加齢現象のひとつで、ある意味自然なことでもあるのですが、卵を食べることである程度防げるそうです。

卵にはビタミンB12やレシチンが豊富に含まれており、これらはアルツハイマー病などで見られる、脳の委縮を食い止める働きがあります。

また、卵の黄身にはコリンという物質が含まれています。コリンは脳細胞の増殖に重要な関連を持ち、記憶力を高めるといわれています。卵はコレステロールも多いため、食べ過ぎるとよくないのですが、1日に1~2個ならば脳によい食べ物といえるでしょう。



■6位:カレー粉

カレー粉の主成分であるクミンは、抗酸化物質のかたまりです。脳をいきいきとした状態に保ち、認知機能を保つ効果があります。また、カレー粉は脳にもダメージを及ぼす活性酸素の害や、糖尿病とも戦ってくれるのです。



■5位:ベリー類

ベリー類の中でもブルーベリーは、運動能力と学習能力を高める働きがあることで有名です。視力の回復に効果的ということでも有名ですが、目を通り越して脳にまで良いとは驚きですね。

また、ブルーベリーだけでなく、ブラックベリーやラズベリーなどは、抗酸化物質が多く、脳の働きを高めます。



■4位:ナッツや種実類

ピーナッツ、ヘイゼルナッツ、カシューナッツ、クルミ、アーモンド、ペカンナッツ、かぼちゃの種、ひまわりの種なども脳にいい食べ物です。

ナッツや種実類には、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、葉酸、ビタミンE、ビタミンB6が豊富に含まれています。いずれも鋭敏な思考に役立つ成分です。

また、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は天然の抗うつ効果があるといわれており、よりポジティブな思考に役立ちます。さらに、チアミンやマグネシウムを含んでいて、記憶に効果的なナッツもあるそうです。



■3位:キャベツやほうれん草などの青菜

実はキャベツやほうれん草などの青菜は、ぜひとも脳のために食べてください。青菜には、ビタミンB6、ビタミンB12、そして葉酸が含まれています。これらの栄養素は、以前に記憶したことを思い出して、実行するときに役立ちます。

また、青菜に含まれる栄養素は、物忘れやアルツハイマー病のリスクを高めるホモシステイン濃度を下げる働きがあります。



■2位:鮭、マグロ、ニシンなどの魚

魚にはオメガ3脂肪酸が豊富で、脳だけでなく身体全体に多くのメリットをもたらします。週に一度、ひと切れの魚を食べるだけで、アルツハイマー病のリスクを相当減らすことができるぐらいです。

また、オメガ3脂肪酸は、脳により多くの酸素を供給する働きがあります。その結果、以前に覚えたことを脳に留めたまま、新しい情報を覚えることができるのです。中でも脳にいい魚は、鮭、マグロ、そしてニシンです。



■1位:チョコレート

チョコレートの原料のカカオには、脳に良い成分が多く含まれています。たったスプーン2~3杯のカカオの中に、緑茶や赤ワインよりたくさん抗酸化物質が含まれているそうです。

そんなカカオに含まれる主要な抗酸化物質は、フラボノールといいます。このフラボノールには、脳の血流を高めるという働きもあります。ただ、フラボノールはミルクチョコレートには入っていないので、必ずダークチョコレートを選んでください。



上記10個の中で、あなたが普段食べているものはありましたか? 子どものための食べ物ももちろん大事ですが、たまには自分の脳を喜ばせる食べ物も、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね!

http://itmama.jp/2013/06/25/9248/

アルツハイマーになる人、ならない人の習慣 ジーン・カーパー

<目次>
はじめに 治療法が見つかるまでのあいだにできること

第1部 食べものと飲みものを賢く選ぶ
1 果物や野菜から抗酸化物質をとる
2 ホウレンソウを食べる
3 ポリフェノールが多いベリー系の果物を毎日食べる
4 ナッツを食べる
5 脂の多い魚を食べる
6 マーガリンやコーン油にふくまれるオメガ6脂肪酸に気をつける
7 オリーブオイルをたくさん使う
8 肉を食べすぎない
9 脳細胞を破壊する悪玉脂肪に気をつける
10 地中海式の食事をする
11 血圧を下げる「ダッシュ食」を実行する
12 血糖値の上昇をおさえる 「低GI食」を実行する
13 記憶力低下をふせぐターメリックが効くカレーをよく食べる
14 脳を守るフラバノール豊富なチョコレートを食べる
15 いろいろな種類のジュースを飲む
16 記憶力を高めるリンゴジュースを飲む
17 緑茶・紅茶を飲む18 抗酸化物質が多いコーヒーを飲む
19 カフェインをうまく使う
20 お酒は2?3杯までにしておく
21 飲むならワイン、できれば赤にする
22 悪玉コレステロールを減らす
23 善玉HDLコレステロールをふやす
24 卵やナッツでコリンをとる
25 ファストフードを食べない
26 カロリーを制限する
27 砂糖を制限する
28 酢を活用する
29 シナモンを活用する
30 脳を保護するビタミンナイアシンを十分にとる
31 脳を若返らせる抗酸化物質アルファリポ酸とアセチルーL-カルニチンをとる
32 記憶力を維持するビタミン葉酸をとる
33 マルチビタミンサプリメントを飲む
34 脳の萎縮を止めるビタミンB12を十分にとる
35 脳をそうじする免疫細胞を強くするビタミンDを体内にふやす

第2部 頭を使い、体を動かし、人とつきあう
36 脳の容積をふやす
37 「認知予備力」をたくわえる
38 言語能力をみがく
39 できるだけ高い教育を受ける
40 頭を使う仕事をする
41 つねに頭を使う
42 新しいことをはじめる
43 手軽な脳のトレーニングインターネット検索をする
44 電子ゲームをする
45 瞑想する
46 家でじっとしていない
47 運動を楽しむ
48 筋肉をきたえる
49 ひたすら歩く
50 自然のなかを歩く
51 体をよく動かす
52 平衡感覚をたもつ
53 生きがいをもつ
54 のんきに明るく暮らす
55 誠実に生きる
56 孤独にならない
57 積極的に人づきあいをする
58 結婚する
59 できるだけ多くの人とつきあう
60 刺激いっぱいの生活をする

第3部 アルツハイマーにつながる危険を減らす
61 アルツハイマーの原因を知っておく
62 「アポE4遺伝子」について知っておく
63 専門の医師から正しい診断を受ける
64 アルツハイマーとまちがいやすいセリアック病に注意する
65 本人にしかわからない物忘れ症状に気づく
66 初期症状は「物忘れ」だけではない
67 うつを克服する
68 頭部の外傷に注意する
69 アルツハイマーに転じやすい糖尿病に注意する
70 血糖値を調べてみる
71 視力障害を治す
72 アルツハイマーにつながる危険甲状腺異常に注意する
73 インスリン値を正常にたもつ
74 十分な睡眠をとる
75 「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」を治す
76 ストレスをやわらげる
77 感染症にかからないようにする
78 抗生物質の効用を知っておく
79 脳の炎症をおさえる
80 歯の健康に気をくばる
81 アルツハイマーを予防するかもしれないが非ステロイド系消炎鎮痛薬に注意する
82 コレステロール降下剤 スタチンの効果は信じない
83 脳の老化をふせぐホルモンエストロゲンを補充する
84 認知機能障害のバロメーターホモシステイン値を正常にたもつ
85 心臓を大切にする
86 脳の血管のようすを知るために足首の血流の検査を受ける
87 血圧をコントロールする
88 脳卒中をふせぐ
89 脳血管性認知症をふせぐ
90 食欲を抑制するホルモンレプチンを低下させない
91 肥満を警戒する
92 おなかの脂肪を落とす
93 60歳すぎたらやせすぎに注意する
94 「銅」と「鉄」を脳に入れない
95 環境有害物質をさける
96 麻酔薬には要注意
97 禁煙する
98 タバコではなくニコチンパッチで 認知障害をふせぐニコチンを摂取する
99 未来の可能性として… マリファナの効果を知っておく
100 アルツハイマー予防のための質の高い最新情報を把握する

アルツハイマーになる人、ならない人の習慣 単行本(ソフトカバー) –

認知症の中でも最も患者数が多いアルツハイマー病。
いまだ治療薬は開発されていないが、最先端の研究報告によれば、
かなり高い確率で予防はできそうだということがわかっている。
心臓病や糖尿病などの生活習慣病と共通した要因があるため、
食事や運動などによって防げるというのだ。

本書はアメリカの著名な医療ジャーナリストが、
アルツハイマー研究第一線機関に取材し、
科学的根拠が確かな予防法を100項目、集めたものである。
いずれも簡単で、すぐに試せるものばかりだ。
ボケないで健康に長生きするために、
ぜひ始めていただきたい。

41w+-Ni9XNL._SX336_BO1,204,203,200_

あじ いわし

イワシ・サバ・アジに効果あり?

サバ・イワシ・アジ・サンマなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は血液の流れや脳の神経伝達を良くすることがわかっており、認知症の発症に関係することを示唆した疫学調査結果がある。 これはDHAに、アルツハイマー病の原因物質である老人斑が脳に蓄積されるのを抑える効果があることを、米国の研究チームが報告しているものだ。



また、脳にある神経細胞・ニューロンの再生を促進する働きがあることを島根大学の橋本准教授らのグループがラットの実験で確認したもので、認知症やアルツハイマー病などの治療に応用が期待される成果としている。生後20週のラットに7週間、DHAを経口投与し、記憶をつかさどる海馬の神経細胞を調べたところ、情報伝達網の広がりを示す突起状の軸索が、DHAを与えていないラットは増えなかったのに対し、与えたラットは約60%増えたそうだ。橋本准教授は「従来の治療薬と比べ、DHAは食品から簡単に取れる。認知症の予防や副作用のない治療薬として期待が持てる」と話している。

そもそも青魚に含まれる不飽和脂肪酸・DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は健康なカラダのために欠かせない必須脂肪酸といわれる。悪玉コレステロールを増やさないことから、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防に役立つとされている。さらにDHAによって脳の情報伝達能力が高くなり、記憶学習能力がアップするとも言われており、認知症の予防や改善にも大いに期待されることは事実である。食生活に青魚を多く取り入れたり、DHAやEPAを含むサプリメントなどを摂取することは、健康に良い影響を与えることは間違いなく、認知症などの予防にも役立つと言えそうだ。 ちなみにDHAやEPAは、ウナギやマグロのトロ、ハマチや真鯛にも含まれている。

チョコに認知症予防の可能性

チョコに認知症予防の可能性? カカオポリフェノールでBDNF増加
2015.05.20


チョコに認知症予防の可能性?【拡大】

 最近、チョコレートのさまざまな健康パワーが報告されている。中でも注目度の高いのが、愛知県蒲郡市・愛知学院大学・株式会社明治が産官学共同で昨年3月より行っている大規模臨床試験だ。11月の中間報告でチョコレートの主成分カカオポリフェノールの血圧低下作用が明らかにされたのに続き、今月19日に行われた最終報告会で、うつ病や認知症の予防に期待が持てることが示されたのだ。

 臨床試験は、蒲郡市民を中心とした45歳から69歳までの男女347人を対象に実施。被験者に4週間カカオポリフェノールを豊富に含むチョコレートを毎日一定量(25g)摂取してもらい、その前後の血圧や血液成分など、カラダの状態の変化を検証した。その結果、うつ病やアルツハイマー型認知症、記憶・学習などの認知機能との関連性が報告されているBDNF(脳由来神経栄養因子)が有意に増加したのだという。

 BDNFとは、神経細胞の発生・成長・維持・再生を促進するたんぱく質の一種で、脳の、特に記憶や学習能力をつかさどる海馬に多く存在している。これまで「定期的な運動」や「頭を使うゲーム」によって増加することが報告されているが、今回発表されたカカオポリフェノールの効果は、それらに次いで明らかにされたものだ。

 抗酸化食品研究の第一人者で当研究にも携わった愛知学院大学心身科学部の大澤俊彦教授は、「脳の栄養であるBDNFがチョコレートの摂取で上昇することが分かったのは、高ストレス社会あるいは超高齢社会にあって非常に画期的なこと」とした上で、「最近は低カロリーでポリフェノールの多いチョコレートも発売されているので、日本人の新しい習慣になれば」と期待を表している。

 10年後には日本人の認知症患者は700万人に達すると予想される中、できるだけ早いうちに予防意識を持つことも重要といえるだろう。

DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果を確

㈱マルハニチロホールディングス(本社:東京都江東区、社長:久代敏男)は、島根大学医学部、島根県立大学短期大学部出雲キャンパス、社会医療法人仁寿会加藤病院と共同で、2008年11月から2年間、食品を利用したDHAの認知機能など、健康・長寿に及ぼす影響を調査する臨床試験を実施いたしました。試験食には、食品としての食べやすさや馴染みの深さなどを考慮して、フィッシュソーセージを用いました。
研究の結果、高齢者の認知症予防に関する有益な知見が得られました。食品を利用したDHA摂取に関する被験者100名規模での臨床試験は、我が国では初の試みであり、健常在宅高齢者での効果が検証できたのは初めてとなります。
(1)試験者
島根大学医学部、島根県立大学短期大学部出雲キャンパス、社会医療法人仁寿会加藤病院、
マルハニチロホールディングス
(2)試験参加者
島根県川本町在住の認知症と診断されない平均年齢73歳の高齢者111名
(3)試験期間
2008年11月~2010年12月
(4)試験概要
被験者を2つのグループに分け、DHAを規定量(1本当りDHA 850 mg)含有させたフィッシュソーセージ((株)マルハニチロ食品製)と、オリーブ油を添加したフィッシュソーセージ(プラセボ)をそれぞれ1日2本ずつ、1年間摂取してもらいました。半年に一度、認知機能や記憶力に関するテストを行い、認知機能に及ぼすDHAの効果を比較しました。試験2年目は、全ての被験者にDHA入りフィッシュソーセージを摂取してもらい、同じく認知機能や記憶力に関するテストを行いました。認知機能や記憶力のテストは、質問形式のミニメンタルステートテスト(MMSE)や、 6課題からなる前頭葉機能検査(FAB)を行いました。
(5)試験結果
1年目の試験では、DHA入りフィッシュソーセージの摂取により、6ヶ月目においてFAB反応選択課題のスコアが有意に改善し、1年目にはMMSE図形模写課題のスコア変化値で有意な改善が認められました(図1)。
2年目の試験においても、DHA摂取による認知機能改善の効果は持続され、MMSE計算課題、MMSE遅延再生課題およびMMSE総合点の変化値が改善傾向となりました(図2)。
― マルハニチロホールディングス、島根大学他合同チーム調査 ―
DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果を確認
〒100135-8603 東京都江東区豊洲 3-2-20 Tel 03-6833-0826 Fax 03-6833-0506
広報 IR 部
-0.1-0.0500.050612スコアの変化値ヶ月
さらに、層別解析の結果では、赤血球膜のDHA濃度とMMSE総合点の変化値との間で有意な相関が確認され、DHA摂取による血中脂肪酸組成の変化が認知スコアの改善につながった可能性が示唆されました(図3)。
(6) 結 論
今回の臨床試験の結果から、DHAの摂取は加齢に伴う短期記憶や認知機能の低下を抑制する効果があると考えられました。本研究成果は、DHAを含む食品を利用した認知症予防の可能性を示唆するものであり、予防医学の観点からも健康長寿社会の実現に向けた波及効果が大いに期待できます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果

― マルハニチロホールディングス、島根大学他合同チーム調査 ―
DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果を確認
〒100135-8603 東京都江東区豊洲 3-2-20 Tel 03-6833-0826 Fax 03-6833-0506
広報 IR 部
-0.1-0.0500.050612スコアの変化値ヶ月
さらに、層別解析の結果では、赤血球膜のDHA濃度とMMSE総合点の変化値との間で有意な相関が確認され、DHA摂取による血中脂肪酸組成の変化が認知スコアの改善につながった可能性が示唆されました(図3)。
(6) 結 論
今回の臨床試験の結果から、DHAの摂取は加齢に伴う短期記憶や認知機能の低下を抑制する効果があると考えられました。本研究成果は、DHAを含む食品を利用した認知症予防の可能性を示唆するものであり、予防医学の観点からも健康長寿社会の実現に向けた波及効果が大いに期待できます。

たまごと認知症

卵と認知機能にまつわる検証実験
アメリカ・マサチューセッツ州のタフツ大学の研究チームが、現在ある実験を行っている。卵が、記憶力や理解力などにどのような影響を与えるかを調査する実験だ。被験者は50歳以上の男女44人で、期間は6カ月。その44人を2つのグループに分け、一方には毎日卵を2つ食べてもらい、もう一方にはと卵を食べない生活を続けてもらっているという。

そして、それぞれのグループの記憶力、理解力、滞りなく話す能力、注意持続期間などの違いを調べる予定。なお、これらの能力の低下は、認知症の発症要因となりうるものである。

・研究者は卵の効能に強い見込み
まだ進行中の実験とはいえ、研究チームは、「卵を食べたチームの精神状態は、著しく上昇する」という強い見込みと持っているようだ。その結果、物忘れの抑止や、認知症の発症を防止したり遅らせることに役立つかもしれないと期待されているのである。

その根拠とされているのが、卵に含まれているルチンとゼアキサンチン。これが、認知機能に影響を与えるらしい。どちらにせよ、身近な食材で認知症の発症が抑えられると証明されれば、非常に画期的。ポジティブな検証結果が出てほしいものである。


前後の記事の案内

Copyright © グルメと日々の紀行 All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。